トップページ > 実態調査 > 第4回実態調査 受入施設の回答(集計)

第4回実態調査 集計表 【介護福祉士候補者 受入施設 回答】

アンケートの質問内容と集計結果は以下のとおり。

問1.貴施設は次のどれにあたりますか


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) 病院 4 4.1%
(2) 特別養護老人ホーム 61 62.2%
(3) 老人保健施設 24 24.5%
(4) 障害者施設 3 3.1%
(5) その他 3 3.1%
無回答 3 3.1%

↑ページの先頭へ戻る



問2.受け入れていらっしゃる候補者は、以下のどれにあたりますか


  回答数 構成比
合計 245 100.0%
(1) 第一陣(平成20年度)インドネシア介護福祉士候補者 18 7.3%
(2) 第一陣(平成21年度)フィリピン看護師候補者 0 0.0%
(3) 第一陣(平成21年度)フィリピン介護福祉士候補者 61 24.9%
(4) 第二陣(平成21年度)インドネシア看護師候補者 0 0.0%
(5) 第二陣(平成21年度)インドネシア介護福祉士候補者 75 30.6%
(6) 第二陣(平成22年度)フィリピン看護師候補者 0 0.0%
(7) 第二陣(平成22年度)フィリピン介護福祉士候補者 28 11.4%
(8)第三陣(平成22年度)インドネシア看護師候補者 0 0.0%
(9) 第三陣(平成22年度)インドネシア介護福祉士候補者 26 10.6%
(10) 第三陣(平成23年度)フィリピン看護師候補者 0 0.0%
(11) 第三陣(平成23年度)フィリピン介護福祉士候補者 23 9.4%
(12) 第四陣(平成23年度)インドネシア看護師候補者 0 0.0%
(13) 第四陣(平成23年度)インドネシア介護福祉士候補者 14 5.7%
無回答 0 0.0%

↑ページの先頭へ戻る



問3. その内、看護師、介護福祉士の国家試験に合格している場合はご記入ください。


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) 看護師、介護福祉士国家試験に合格した 4 4.1%
無回答 94 95.9%

↑ページの先頭へ戻る



問4.また、既に帰国した候補者がいる場合はご記入ください。


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) 既に帰国した候補者がいる → 問5、問6へ 28 28.6%
(2) 帰国した候補者はいない → 問7へ 70 71.6%
無回答 0 0.0%

↑ページの先頭へ戻る



問5.帰国についての申し出はどちらからありましたか。


  回答数 構成比
合計 28 100.0%
(1) 候補者 20 71.4%
(2) 受入病院・施設 2 7.1%
(3) 双方 3 10.7%
無回答 3 10.7%

↑ページの先頭へ戻る



問6.帰国理由で、あてはまるものを次の内からいくつでもお選びください。(複数回答)


  回答数 構成比
合計 42 100.0%
(1) 本人の健康上の理由 10 23.8%
(2) 家族に関する理由 12 28.6%
(3) 日本の生活になじめなかったため 2 4.8%
(4) 職場環境になじめなかったため 2 4.8%
(5) 収入や待遇が期待と違っていたため 2 4.8%
(6) 仕事の内容が期待と違っていたため 0 0.0%
(7) 国家試験に合格できないと判断したため 3 7.1%
(8) 第一陣看護師候補者で期間満了したため 1 2.4%
(9) その他 8 19.0%
無回答 2 4.8%
※その他、東日本大震災の原発事故の影響でご家族より強い申し出があったため、結婚・妊娠したため、母国での進学(看護面)を希望、研修中個人として不適切な行いがあり自主的に帰国、結婚のため、大学進学のため、就労態度が思わしくない、就労、勉強への意欲がないため等の理由もあげられました。

↑ページの先頭へ戻る



問7-1.候補者の受入理由:国際親善


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) あてはまる 44 44.9%
(2) どちらかといえばあてはまる 26 26.5%
(3) どちらともいえない 15 15.3%
(4) どちらかといえばあてはまらない 2 2.0%
(5) あてはまらない 1 1.0%
無回答 10 10.2%

↑ページの先頭へ戻る



問7-2.候補者の受入理由:人材確保


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) あてはまる 34 34.7%
(2) どちらかといえばあてはまる 19 19.4%
(3) どちらともいえない 21 21.4%
(4) どちらかといえばあてはまらない 6 6.1%
(5) あてはまらない 12 12.2%
無回答 6 6.1%

↑ページの先頭へ戻る



問7-3.候補者の受入理由:将来の人材育成


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) あてはまる 44 44.9%
(2) どちらかといえばあてはまる 24 24.5%
(3) どちらともいえない 18 18.4%
(4) どちらかといえばあてはまらない 2 2.0%
(5) あてはまらない 3 3.1%
無回答 7 7.1%

↑ページの先頭へ戻る



問7-4.候補者の受入理由:職場の意識改革


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) あてはまる 29 29.6%
(2) どちらかといえばあてはまる 33 33.7
(3) どちらともいえない 17 17.3%
(4) どちらかといえばあてはまらない 5 5.1%
(5) あてはまらない 5 5.1%
無回答 9 9.2%

↑ページの先頭へ戻る



問7-5.候補者の受入理由:国際事業展開準備


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) あてはまる 4 4.1%
(2) どちらかといえばあてはまる 17 17.3%
(3) どちらともいえない 26 26.5%
(4) どちらかといえばあてはまらない 8 8.2%
(5) あてはまらない 30 30.6%
無回答 13 13.3%

↑ページの先頭へ戻る



問8-1. 満足度:国際親善


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) 満足 22 22.4%
(2) どちらかといえば満足 28 28.6%
(3) どちらともいえない 33 33.7%
(4) どちらかといえば不満 1 1.0%
(5) 不満 3 3.1%
(6) もともと期待していない 2 2.0%
無回答 9 9.2%

↑ページの先頭へ戻る



問8-2.満足度:人材確保


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) 満足 10 10.2%
(2) どちらかといえば満足 31 31.6%
(3) どちらともいえない 32 32.7%
(4) どちらかといえば不満 2 2.0%
(5) 不満 6 6.1%
(6) もともと期待していない 8 8.2%
無回答 9 9.2%

↑ページの先頭へ戻る



問8-3.満足度:将来の人材育成


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) 満足 7 7.1%
(2) どちらかといえば満足 32 32.7%
(3) どちらともいえない 39 39.8%
(4) どちらかといえば不満 4 4.1%
(5) 不満 4 4.1%
(6) もともと期待していない 2 2.0%
無回答 10 10.2%

↑ページの先頭へ戻る



問8-4.満足度:国際事業展開準備


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) 満足 2 2.0%
(2) どちらかといえば満足 12 12.2%
(3) どちらともいえない 36 36.7%
(4) どちらかといえば不満 2 2.0%
(5) 不満 0 0.0%
(6) もともと期待していない 25 25.5%
無回答 21 21.4%

↑ページの先頭へ戻る



問9.候補者の現在の日本語能力は、以下のどれに当たりますか(複数回答)※帰国者、合格者除く


  回答数 構成比
合計 311 100.0%
(1) 国家試験受験に十分な日本語能力がある 39 12.5%
(2) 業務に差し支えない日本語能力がある 91 29.3%
(3) 記録作成に必要な読み書きができる 25 8.0%
(4) 会話は問題ないが、読み書きには不安がある 121 38.9%
(5) 会話は不十分ではあるが、意思疎通は可能である 32 10.3%
(6) 日本語によるコミュニケーションが困難である 3 1.0%
無回答 0 0.0%

↑ページの先頭へ戻る



問10.候補者の就労開始時に最低限必要と考えられる日本語能力。(複数回答)


  回答数 構成比
合計 131 100.0%
(1) 国家試験受験に十分な日本語能力がある 11 8.4%
(2) 業務に差し支えない日本語能力がある 53 40.5%
(3) 会話は問題ないが、読み書きには不安がある 44 33.6%
(4) 会話は不十分ではあるが、意思疎通は可能である 14 10.7%
(5) 日本語によるコミュニケーションはさほど問題にならない 4 3.1%
無回答 5 3.8%

↑ページの先頭へ戻る



問11.候補者の国家資格取得に対するお考えは、以下のどれに当たりますか。※帰国者、合格者除く


  回答数 構成比
合計 226 100.0%
(1) 期間内に取得して有資格者として勤務して欲しい 131 58.0%
(2) 期間終了後であっても取得して有資格者として勤務して欲しい 45 19.9%
(3) 取得して欲しいが無理だと思う 37 16.4%
(4) 日本での国家資格取得よりも、母国で経験を生かして欲しい 10 4.4%
(5) 国家資格取得よりも勤務を優先して欲しい 2 0.9%
無回答 1 0.4%

↑ページの先頭へ戻る



問15.介護福祉士候補者を受入れご担当の方にお聞きします。介護福祉士候補者は看護の教育を現地で受けている者がほとんどですが、介護に関しては教育、就業の経験がありません。介護に関する知識を少しでも得てからの来日を望まれますか?


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) 少しでも介護の教育を受けて来日してほしい 64 65.3%
(2) 看護の経験があれば問題ない 24 24.5%
(3) 施設へ配属後に教育をするため、事前の教育は必要ない 8 8.2%
無回答 2 4.8%

↑ページの先頭へ戻る



問16.総合的にみて、EPA候補者を受け入れたことに満足していますか。


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) 満足 20 20.4%
(2) どちらかといえば満足 38 38.8%
(3) どちらともいえない 29 29.6%
(4) どちらかといえば不満 6 6.1%
(5) 不満 4 4.1%
無回答 1 1.0%

↑ページの先頭へ戻る



問17.今後の外国人職員の受入について、あてはまるものをいくつでもお選びください。(複数回答)


  回答数 構成比
合計 118 100.0%
(1) 今後もEPAに基づく看護師・介護福祉士候補者を受け入れたい 33 28.0%
(2) EPAに限定せず、外国人看護師・介護福祉士を受け入れたい 19 16.1%
(3) 在留資格のある在日外国人を看護師・介護職として受け入れたい 23 19.5%
(4) 今後は、EPAに基づく受け入れはしない 4 3.4%
(5) 外国人職員の受け入れは一切しない 1 0.8%
(6) 未定 38 32.2%
無回答 0 0.0%

↑ページの先頭へ戻る



問18.その他 ご自由にご意見をお書きください。


  回答数 構成比
合計 98 100.0%
(1) 記述有 66 67.3%
無回答 32 32.7%


次へ(受入施設の回答(介護福祉士・記述))