トップページ > 実態調査 > 第4回実態調査 候補者の回答(記述)

第4回実態調査 看護師候補者の回答(自由記述に多かったコメント)


学習に関する訴え・感想

国家試験を合格するなら看護記録を支援していただきたいと思います。(第二陣インドネシア人看護師候補者)

もう一年間以上日本に住んでいます。でも日本語が不十分だと思いました。もうすぐ新看護師候が来る予定です。自分の日本語の能力はまだ足りないので先輩になったらどうかなと思って。。。。(第四陣インドネシア人看護師候補者)

勉強の時間が長くになって、大切だと思います。(第三陣フィリピン人看護師候補者)

できれば12月になったら、病院で勉強の時間延長したいです。(第二陣インドネシア人看護師候補者)

EPAの看護師候補者の合格するため、勉強方法は全部一緒にしたほうがいいと思います。
勉強時間が病院によって違いますから。(いっぱいもらえるのと少ないのがあるからです。)
(第二陣インドネシア人看護師候補者)

頑張るけど時々集中できない。(第三陣インドネシア人看護師候補者)

できれば病院の設備についてあまり違うことがなし。
勉強の時間も年休です。私たちははやく看護師になりたいので、応援して、おねがいします。(第四陣インドネシア人看護師候補者)

↑ページの先頭へ戻る

国家試験に関する訴え・感想

できれば国家試験の問題で病気の名前は漢字と日本語じゃなくて、英語で書いてもいいですか。時々、漢字が読めますが意味が分かりません。病気の名前は日本語で覚えにくいと思います。お願いいたします。(第四陣インドネシア人看護師候補者)

日本も看護師国家試験を英語文を作り合格者には日本語能力試験をして合格すれば日本で働けるようにしてもらいたいです。(第四陣インドネシア人看護師候補者)

来年の国家試験について、漢字にふりがながふってあることと、時間が長くなることは本当に役に立ちます。必ず、合格した人が増えると思います。(第三陣フィリピン人看護師候補者)

最初から准看護師を受ければよかったと思います。その後国家試験の合格率が高くなると思います。ありがとうございます。(第三陣フィリピン人看護師候補者)

↑ページの先頭へ戻る

EPA制度、国に対する訴え・感想

病院によって勉強のサポートがちがいます。候補者によって努力、目的等がちがいます。公平な勉強サポートがあったら候補者たちの合格する目的は一緒になると思います。
半年ごとに候補者評価をすること。公平な勉強サポートがあったら評価ができます。
日本に働き続けたい候補者支援をする。(第二陣フィリピン人看護師候補者)

EPAはただ単に一緒に学ぶ機会を提供するというのではなく、教育者たちがそれぞれの病院において準備を強化できるよう改善すべきです。基本給は誰でも公平であるべきです。(第二陣インドネシア人看護師候補者)

EPAは日イ両国間協力の形態として良い制度だと思います。(第二陣インドネシア人看護師候補者)

↑ページの先頭へ戻る

その他

私は一人病院で仕事をするので他のEPAのメンバーがいません。ストレスある時に困るです。今までの生活は なれるのでがんばりたいとおもいます。 勉強は友達といっしょにしたい。なぜなら分からないことがあればお互い教え合う。(第二陣インドネシア人看護師候補者)

看護師になって頑張り、ですから仕事と勉強をして一生懸命がんばります。(第三陣フィリピン人看護師候補者)

病院での研修が大切です。(第三陣インドネシア人看護師候補者)

↑ページの先頭へ戻る

次へ(受入施設の回答(介護福祉士・集計))